飲み会やパーティーなど合コンでのNG行動!本命に選びたくない女性はどんなタイプ編?

飲み会・パーティーなどで次に進むために必要な大事なことは何?
以前に「ラフな飲み会・パーティーで嫌われる女性ワースト3とは?!」というコラムを書いているので、こちらも参考にしてみて下さい。
今日は、ちょっと視点を変えて男性から見た場合に、合コンや飲み会などで決して本命や結婚対象に選ばれない危険性がある女性の行動を一緒に考えていきましょう。
ひと言で飲み会・パーティーや合コンと言っても、そのメンバーによっても趣向はいろいろ違うでしょう。
ちょっと落ち着いた雰囲気の大人の食事会から、結婚相手を意識した真剣な婚活系飲み会、さらには学生や20代前半に多いハッチャけたノリになってしまう飲み会もあることでしょう。
いずれにしても、合コンや飲み会・パーティーなど複数の男女が集まる場所で出会い、次に進む際に大事なポイントになるのは、やはり第一印象です。
出会ってわずか数時間であっても、未来に続くようなきっかけとなるよう素敵な男性から声が掛かるように最初の出会いは絶対に好印象として残したいものです。
今日は男性視点から、いわゆる遊びとしてならいいけれど、本命としてはちょっと遠慮してしまう女性にならないための行動や状況を確認していきましょう。

◆NG行動1◆【男性が本命彼女には選びたくない女性とは?】
まず最初に、飲みの席で男性から本命候補として外される女性の行動は「シモネタ全開で一緒に盛り上がっている」です。一見ノリが良くて人気者なので必要なタイプの女性と言えます。
だから同性のような友達感覚としては楽しくても、男性から見た場合に「自分にとってのオンリーワンの彼女」というポジションからは外されやすいので気をつけましょう。
もしかしたら、女性の芸人さんもこのパターンかも知れません。ついつい人を喜ばすために頑張ってしまうみたいな……
男性は意外とロマンチストなのです。だから勝手ながら自分の彼女には神聖さを求めたりするものです。だから他の男性の前で、誰とでも平気でシモネタトークする女性には、
その神聖さが欠けてしまい、気付かないうちに男性陣からは引かれている場合があります。
続いて、二番目に気をつけて欲しいのが、「一人の男性にずっと口説かれている」です。
これは正直言って、女性側に非はないのですが、もしそのメンバーの中で他に気に入った男性がいた場合には気をつけるべきポイントです。
例えば、飲み会で見かける光景のひとつに、一人の男性にロックオンされてしまう場合があります。
ただ、あなたを気に入っている男性の立場で考えれば、なんで毅然とした態度で断らないんだろうと、もどかしく感じるものです。
合コンや飲み会では、男性メンバー間のヒエラルキーがあります。
なのでリーダー的存在や先輩格の男性が自分の気に入った子にそのような行為をしていても、止めさせることが難しい場合があります。
それ以前に、自分よりも立場が上の人が狙っている女性には声を掛けれないという暗黙のルールもあるということを知っておきましょう。
だからそんな状況になってるかもと気付いたら、その場合には、さりげなく友達と一緒にトイレに行って、戻った時に座席をチェンジするなど早めの措置を取ることが大事です。

◆NG行動2◆【ノリがいい女性は男性を勘違いさせる!?】
飲み会にて本命候補から外される三番目の行動は、「気軽に男性へボディータッチする」というのも要注意です。
これは二つのパターンがあります。
先のノリのいいタイプと被るのですが、クセで誰にでもやたらとボディータッチをしてしまうクセを持った場合と、もう一つは戦略的に自分が気に入ってることを相手へアピールする場合です。
もちろん女性だって気に入った男性に向けて、そうでない場合では少なからず態度に現れるはずです。
ただ無意識やクセでそのタッチが過剰な場合は、男性は自分のこと好きかもと勘違いさせる要因にもなります。
その場合には二番目のケースのように自分の気に入った男性以外からも狙われやすくなり、ちょっとイメージが緩い、軽いという女性に見えてしまうのです。
そして戦略的にボディータッチして相手の気をひかせるのが得意なタイプは、デートなどには持ち込みやすいかも知れませんが、
結果的にやはり遊びや身体の対象になりやすく、本命ラインからは外れてしまうことも多いので気をつけましょう。

◆NG行動3◆【結婚相手だけは貞淑な女性と願う男のワガママ!】
最後四番目は最もNGなタイプでもある、「飲み会でベロベロに酔っ払ってしまう」です。
そんな女性はだらしないというレッテルを貼られ、本命(というかお嫁さん)候補からは間違いなく外れます。次の日に自分でも記憶がない経験がある方は、絶対に気を付けて下さいね。
男性という生き物は、自分の愛すべき彼女には貞淑でしっかりした女性であって欲しいという勝手ながらの願望があるのです。
しかも結婚を視野に入れた本命の場合には、他の男性に対して決してだらしなく、自分だけを好きでいて欲しいという理想論を持っていると思ってください。相手にはそんな勝手な幻想を持ちながらも、自分は浮気してしまうような、だらしない男性も少なくないのが悲しい現実ですが……
もし、あなたが本命の男性を捕まえたいなら、男性という生き物が、とってもピュアでナイーブな生き物であることをわかったうえで、最初の第一印象を性的な魅力で相手を意識させるのでなく、自分の未来を奥さんはこうであると想像させるような振る舞いをアピールする方が有効ではないでしょうか。

-

Copyright© 婚活パーティー大阪【ラフ婚】30代40代を中心に大阪で飲み会を開催中 , 2022 All Rights Reserved.